スポンサーリンク
NO IMAGE 強迫性障害の克服

ご自分が強迫性障害などと断定するのはやめましょう!

強迫性障害(きょうはくせいしょうがい、 Obsessive-Compulsive Disorder, OCD)とは、 自分でもコントロールのきかない不快な考え(強迫観念)が頭に浮かび、 その不快な考えや気分を振り払おうとして、様々...
NO IMAGE 強迫性障害の克服

あなたと同じように多くの方が苦しんでいる!

強迫性障害の克服 プロフィールでもお話いたしましたが、 強迫性障害で悩んでいらしゃる方は、潜在的なものも含めると かなりの数になります。 あなたと同じように多くの方が苦しんでいらっしゃるのです。 決して孤独になって悩まれないで...
NO IMAGE 強迫性障害の克服

森田療法との出会いがわたしを変えた!

強迫性障害の克服 わたしが神経症になってしまったのは15歳、 中学校3年の夏休みが終わり、3学期に入って間もないころでした。 神経症を発症する時期は、 一般的に十代の後半から、二十代にかけての頃が多いといわれています。 ...
NO IMAGE 強迫性障害の克服

反対観念によってバランスが保たれているのです!

強迫性障害の克服 森田療法でいうところの精神の拮抗作用とは、 何かある考えが起こるとそれとは反対の考えが起こる、 心の調整作用です。 極端に走らず、適応していけるように、 反対観念によってバランスをとっているのです。 ...
NO IMAGE 強迫性障害の克服

「あるがまま」に受け入れ目的本位の行動を!

強迫性障害の克服 あなたが人前で話さなければならない状況になった時、 体や手が震えてしまうのではないか、 頭の中が真っ白になって、なにも話すことができず、 恥をかいてしまうのではないか、 などと思ってしまったことはなかった...
NO IMAGE 強迫性障害の克服

まず、森田療法の「あるがまま」を常に念頭においておこう!

強迫性障害の克服 前項の続きです。 では、「あるがまま」とはなんなのか?「あるがまま」とは、 文字どおりそのままにしておくということです。 あなたが不安や強迫観念に襲われる。 気持ちが悪いのでそれを何とか打ち消して...
NO IMAGE 強迫性障害の克服

次に、「目的本位の行動」をしていくことでOCDを克服できる!

強迫性障害の克服 「あるがまま」については、ご理解いただけたでしょうか。 森田理論において、もう一つ重要なものに「目的本位の行動」があります。 「目的本位の行動」とはいったいなんなのか? 神経症の方は「生の欲望」が強...
NO IMAGE 強迫性障害の克服

森田療法での「とらわれ」とはなにか?

強迫性障害の克服 つぎに、「とらわれ」と「はからい」についてお話していきましょう。 ここでいうところの「とらわれ」とは、 なにものかに心をとらえられているという状態をいいます。 不安に強く拘束されてしまい、 自...
NO IMAGE 強迫性障害の克服

「はからい」とはなにか?「とらわれ」と「はからい」!

強迫性障害の克服 「はからい」とは考えたことを行動に移すことですが、 神経症の方の「はからい」は強迫観念によって 「目的本位の行動」ではなく、 勝手に自分の思うように処置しようとする行動です。 このような「はからい...
NO IMAGE 強迫性障害の克服

強迫性障害の根治法!このコツでOCDを根治できる!

強迫性障害の克服 「とらはれ」と「はからい」により ご自分を苦しめることは、やめてしまいましょう。 人間として生き生きと思考して、感情を押し殺すことなく、 創造的に生きる自由を、自ら放棄してしまうことこそ罪です。 尊い生命...
スポンサーリンク